ホストクラブで本当にあったスゴイ稼げた話

スクリーンショット 2016-06-18 23.25.02

2016.6.18

ネットで調べたら、ホストが本当に稼げるのか、稼げないのかという議論がよくされていますが、そんな心配は無意味です。   なぜなら、どんな仕事でも稼げる人と稼げない人に分かれるからです。   そんなことより、重要なのは、「特技や学歴がない若者が、悪いことをせずにひと晩で100万円稼げるような仕事は、ホスト以外見当たらないのではないか」ということですよね!   ということで今日は、大阪ミナミで本当にあったホストの女性客に関するスゴイ話をご紹介します!  

※関連の記事はこちらから。

非常識な成功法則のまとめ記事はこちら。
 

本当にあったスゴイ話
・とある月末

 

月末と言えば締め日です。その店のその月のNo.1ホストが決まる日です。この日も我こそが一番になりたいと、3名のNo.1候補が売り上げを競ってお店を盛り上げていました!

 

No.1の候補は、Aくん、Bくん、Cくんとします。

 

・No.1はAくんのはずだった・・・

 

もう閉店も近くなり、誰が見ていてもこの月のNo.1はAくんでした。売り上げ額の詳細は、後日計上してみないとわからないものですが、誰がざっくりと計算しても、Aくんと、BくんCくんの差は歴然でした。

 

Aくんも、Aくんを指名する女の子たちもそれを確信していたので、店内はだんだんとAくんの祝勝ムードです。

 

・しかし、閉店間際に・・・

 

もう間もなく閉店という時に、Cくんを指名する女性客が来店し、ボーイに誰もが耳を疑う注文をします。

 

これには店内中、一瞬空気が止まりました。なぜならその女性が頼んだお酒の量は、総額1000万超えの支払いになるからです!

 

・奇跡の大逆転

 

誰もが耳を疑ったその注文内容にボーイは確認を繰り返しましたが、それは聞き間違いではなく、本気の注文でした。

 

これには一瞬止まった店内の空気が破裂するかのように全員の大声が響きわたり、Cくんとその女性客を囲むように盛り上がりました!

 

・わずか10分弱の出来事・・・

 

さらに驚きくべきことは、そうして10分ほど盛り上がった後、店は閉店となり、なんとその女性客は閉店の時間という理由で一滴のお酒も飲まずに帰ってしまったのです!!

 

わずか10分の出来事で、Cくんは、BくんとAくんの売り上げを一気に追い抜き、見事その月のNo.1となるのでした!

 

まさに大阪ドリームとも言えるこの出来事によってCくんは大金を稼ぐことができただけではなく、普通に生きていてはなかなか味わえない興奮と達成感を味わったことは言うまでもありません!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ホストは女性客に喜んでもらう職業ですが、確かに女性客に応援してもらう職業でもあるということです。

 

こうしてCくんが女性客が日頃から育んでいた絆のためなのか、それともただの気まぐれなのか、その答えは風の中ですが、実際に大阪ミナミで起きた伝説的なお話です。

 

あなたもホストが稼げるのか稼げないのかを疑う前に、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?日本中探しても合法的に若者がここまで稼げる仕事は他にはないんですから!!

 

いやあ、夢ありますねー。

 

 

【関連の記事はこちらから】

非常識な成功法則のまとめ記事はこちら。

意外すぎる!ホストにはまった女性芸能人まとめ【実名】

ホストクラブで「ナンバーワン」給料になる為の働き方5つのテクニック

ライバルに差をつけるためのNo.1ホストの給料システム

実はこんなにスゴい!ホストの給料システムの全記事まとめ

業界内の秘密明かします!ホストクラブの給料システムの実態